2007年05月16日

テレ朝が国民投票法報道で「不適切表現」謝罪

テレビ局の「編集」を活用した偏向報道はとどまるところを知らないようです。民放各局に報道の公平性を求めるという条文は必要でしょうね。⇒ranking

テレ朝が謝罪 国民投票法報道で「不適切表現」 (イザ!ニュース)
葉梨康弘衆院議員(自民党)の国会答弁に一貫性がないとしたことに対し、自民党の松浪健四郎副幹事長らから「発言全体を見れば内容に矛盾はなく、虚偽報道」と訂正放送の要求があり、同局は14日、番組内で「不適切な表現で(視聴者に)誤った印象を与えかねないものだった」と謝罪した。
posted by 寿限無 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。